FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

人生を拓くのはあなた!
人は何に向かって生きるのかを明確にし、前向きに生きることが大切である。

すなわち、人間の存在性、生きる意味ということになる。


ナチスの強制収容所を生き抜き、ロゴセラピーを唱えたヴィクトール・エミール・フランクルという人物がいる。

ロゴセラピーとは、自らが自分の生きる意味を理解し、それに向かって行動を起こし、心の病を癒す心理療法のこと。


フランクル自身アウシュビッツ収容所で家族全員を殺されている。

彼もいつガス室に行けと言われるかもしれない中を生き抜けたのは、生きる意味を見出し楽観主義に徹していたからだという。

逆に悲観的に考えていた人は死んでいったという。

何月何日に米軍が救出に来るという噂が流れる。

皆いよいよ助かるかもしれないと心がざわめくが、その日が来ても何も起こらなかった時、ガクッときてバタバタと人が死んでいった。

ところがフランクルはそんな期待はしていなかったという。


楽観主義者にまつわるこんなエピソードもあります。

彼が収容所の中で何かミスをし、それを見ていたナチスの将校が彼の頬を思い切り殴った。

その拍子に眼鏡が吹っ飛んで地面に落ち、レンズが割れた。

その割れた眼鏡を拾い上げながら彼は思った。

「もしここを出られて収容所体験を本にできたら、この割れた眼鏡を表紙にしよう」と。

だから彼の初版本の表紙には、その割れた眼鏡の絵が使われている。

また彼は病で苦しむ一方、頭の中では何を考えていたかというと、自分は米軍に救出されてウィーンヘ帰る。

そして『一精神医学者の収容所体験』という本を書き上げ、それが世界的なベストセラーになってカーネギーホールに呼ばれると考えた。

そのホールを埋め尽くす聴衆を前に講演を終え、大喝采を受けている自分の姿を想像していたという。


どんな時でも悲観的な考えは排除し、楽観的な考えで例えそれが盲僧だろうが何であろうが、頭の中で良いことを考えることが凄く大事なのです。


常に死に直面していたフランクルは、自分がもし万が一生きられたら、といつも思っていた。

死んだらどうなるかなど考えず、生き伸びる事が出来たら、自分の人生を何に使おうかと考えていた。

そして最後に、フランクルは死を受容することはできないと考えるにいたった。


人間は誰しも苦悩に直面する。

その苦悩を受け止め楽観者でいられた時、人には生きる勇気の光が射してくる。

あなたが人生に絶望しているだけで、人生はあなたに絶望してはいない。

人生を拓くのはあなた次第なのです。



「生きる意味」を求めて (フランクル・コレクション)
「生きる意味」を求めて (フランクル・コレクション)ヴィクトール・E. フランクル Viktor E. Frankl

春秋社 1999-10
売り上げランキング : 14030


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
以前にもお話させて頂いたかも知れませんが(^^ゞ
イチロー選手も小学生の頃から、自分が大リーグの舞台へ
出て、インタビューではこういう事を話て・・という様に
少年の頃からしっかりとそのビジョンを明確にしていたと言われていますが、
やはりそこまで明確に将来を思い描く事が大切なのですね。
人生、描いた通りに願いを叶える事が出来る!
七夕の日(昨日でしたがw)にちなんだ素敵なお話をありがとうございましたm(__)m
応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> 以前にもお話させて頂いたかも知れませんが(^^ゞ
> イチロー選手も小学生の頃から、自分が大リーグの舞台へ
> 出て、インタビューではこういう事を話て・・という様に
> 少年の頃からしっかりとそのビジョンを明確にしていたと言われていますが、
> やはりそこまで明確に将来を思い描く事が大切なのですね。
> 人生、描いた通りに願いを叶える事が出来る!
> 七夕の日(昨日でしたがw)にちなんだ素敵なお話をありがとうございましたm(__)m
> 応援凸

人は思った通りの自分の姿にしかなれないといいます。
より具体的に自分の未来を予測し、こうないたいと強く願うところから人生が始まるようです。
自分の未来を明確に予測し、常日頃から意識して行動するところから、
夢が現実味を帯びてくるのだといいます。
強い信念を持ち続けることができる時点で、やはりイチローは天才なのだと思います。

ではまた、お伺いいたします!!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

人は何に向かって生きるのかを明確にし、前向きに生きることが大切である。すなわち、人間の存在性、生きる意味ということになる。ナチスの強制収容所を生き抜き、ロゴセラピーを唱...
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ