FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

人生をつくるもの
今から約2500年前、人生の真理を説いた釈迦の言葉には、病んだ現代人が学ぶべきエピソードが数多くある。

釈迦は、人にどのように道を説けばよいかを熟知し、教えを説く時はいつも、その相手が納得できるように美しく完璧な言葉で語っている。


あるとても寒い冬の日、釈迦と親しくしていたハッタカ・アーラワカという若者が、釈迦に会いに行く。

釈迦は夜を過ごす所もなく、樹の下に枯葉を敷いて座っていた。

寒さを防ぐ毛布など何もなかった。

心配して声を掛けたハッタカ・アーラワカに対して、釈迦はさも自慢気にこう言い。

「贅沢に生活している人といえば、私のことですよ。世の中でいったい、ほかに誰が贅沢をしていますか?」

真冬に夜を過ごす家もなく、体にまとう毛布もないのに、どうして贅沢だというのか、ハッタカ・アーラワカは不思議に思った。


釈迦は分かりやすくこう説いた。

「あなたは、王家の人々や億万長者たちが、豪邸に住んで、暖かい布団の中で寝ていたら、それを贅沢だと思うでしょう。だけどそういうお金持ちの多くは欲に歯止めがかからないため、いろんな悩み、苦しみを抱えているものです。心の中に悩みを抱えている人は、フワフワした布団の中であっても熟睡できないでしょう。それは贅沢だと思いますか?」

自分にはそういう精神的な悩みはひとかけらもないから、最高の贅沢を味わっているんだと諭している。


人は知らず知らずのうちに贅沢な暮しに慣れてしまう。

いつもと同じような目線で物事を見ていると、それが当たり前の世界だと勘違いをする。

いつもの目線から角度を上下左右に少しずらしてみると、また別の価値観が見えてくるのです。

それは心や体が病んだときや苦難に遭遇したとき、今まで生きた証の矛盾として現れ、人生の軌道修正を促すのです。

この人間の矛盾を悟り、その矛盾を乗り越えていくことも、人生をつくる一つなのだと思います。



いま、釈迦のことば
いま、釈迦のことば瀬戸内 寂聴

朝日新聞出版 2008-04-04
売り上げランキング : 497173


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

釈迦の言葉はいつもながら、深い次元の違いを感じますね。
この国に仏教を尊ぶ精神がある限り、滅び去る事はないと信じていますが、
それでも外国からの影響を受け始めた頃から次第に日本も諸外国と
次元が同じに成り下がってしまった様に思います。
本来世界から観た日本はもっと崇高な立場であって良いはずです。
その資質は十分あるはずです。
同じ地球上に住む限り、諸外国との関わりを避けて通るわけには
いきませんが、その中でも毅然とした態度、或いは次元を超えた
思想を持ち続け、国力がなければ、精神力の高さで国を守り続けて行きたいものです。
釈迦の教えは余りに深いので、一般の人間は手っ取り早く教えが優しい宗教に
すがる傾向があるので、なかなか浸透しにくいですが
こうしてニックさんの様に、根気強く世の中に釈迦の教えを発信なさっていく
事は素晴らしい事だといつも思っておりますし、
人間の欲を、物欲ではなく、精神力を学ぶために強欲に学んで安定感を持ちあわせていきたいものだと思います。

応援凸
No title
昨年友人が32才にして大腸癌になりました。

半年の闘病生活の中で、私は以前ニックさんのブログで見つけた『心や体が病んだときや苦難に遭遇したとき、今まで生きた証の矛盾として現れ、人生の軌道修正を促す。』と言うことを教えてあげました。

若くして大きな病気を前にした私たちは「どうして彼がこんな目に合わなければならないの・・・」と悲しみ嘆いていたものですが、大病も人生が変わる節目と思い病気を乗り越えることが出来ました。

身近にいた人にまた同じような苦難が現れた際にもこの言葉と共に、謙虚な気持ちで修行の一つと思って立ち向かいたいものです。

人の教えと言うものは本当にありがたいものです。
No title
はじめまして。
『人気サイトランキング』と申します。
ご訪問いただければ幸いです。
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 釈迦の言葉はいつもながら、深い次元の違いを感じますね。
> この国に仏教を尊ぶ精神がある限り、滅び去る事はないと信じていますが、
> それでも外国からの影響を受け始めた頃から次第に日本も諸外国と
> 次元が同じに成り下がってしまった様に思います。
> 本来世界から観た日本はもっと崇高な立場であって良いはずです。
> その資質は十分あるはずです。
> 同じ地球上に住む限り、諸外国との関わりを避けて通るわけには
> いきませんが、その中でも毅然とした態度、或いは次元を超えた
> 思想を持ち続け、国力がなければ、精神力の高さで国を守り続けて行きたいものです。
> 釈迦の教えは余りに深いので、一般の人間は手っ取り早く教えが優しい宗教に
> すがる傾向があるので、なかなか浸透しにくいですが
> こうしてニックさんの様に、根気強く世の中に釈迦の教えを発信なさっていく
> 事は素晴らしい事だといつも思っておりますし、
> 人間の欲を、物欲ではなく、精神力を学ぶために強欲に学んで安定感を持ちあわせていきたいものだと思います。

ぴーちさんの仰る通りです。
この国はいつから他の国の言い成りになってしまったのかと思います。
私利私欲をむさぼる官僚や政治家、東電のような企業がこの国を衰退させているのです。

政治の貧困とはよく言ったもので、言葉を間違えて発言したり、「あなたとは違うんだ」と、
平気で言ってのけるアホな人、うん十億円もの子供手当をいい年をして貰い世の中に貢献もしていない
バカ息子といい、これが今のこの国の現状なのです。
ボケる年ではないと思いますが、彼らは完全に政治ボケしている老人です。
この国の未来を憂いている人のためにも、釈迦の教えを学んだ人が出てくることを願っています。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!
Re: No title
こまり@さん、こんばんは ♪

コメント有難うございます。

> 昨年友人が32才にして大腸癌になりました。
>
> 半年の闘病生活の中で、私は以前ニックさんのブログで見つけた『心や体が病んだときや苦難に遭遇したとき、今まで生きた証の矛盾として現れ、人生の軌道修正を促す。』と言うことを教えてあげました。
>
> 若くして大きな病気を前にした私たちは「どうして彼がこんな目に合わなければならないの・・・」と悲しみ嘆いていたものですが、大病も人生が変わる節目と思い病気を乗り越えることが出来ました。
>
> 身近にいた人にまた同じような苦難が現れた際にもこの言葉と共に、謙虚な気持ちで修行の一つと思って立ち向かいたいものです。
>
> 人の教えと言うものは本当にありがたいものです。

人間の身に起こるものは必然であり、それを乗り越えることができるのも人間の素晴らしいところです。
仰る通り、人は苦難に遭遇すると「なぜ私が・・・・・」、「どうして俺なんだ、・・・・」と思いを
巡らしますが、その時に自分の身をどこにおいて生きるかで、その後の人生は大きく変わります。

人間の苦しみは3つあり、貧乏・病気・争いごとだとにまつわることがほとんどだと言います。
自分の人生は自分のものでありますが、宿命となると、自分のものでもないようです。
自分の行いが子や孫、親戚にまで災いとなって現れることもあるといいます。
自らを正して生きることが、家族や子孫の未来につながる幸せの近道なのだと思います。

ではまた、お邪魔いたします!!
Re: No title
コメンと有難うございます。

> はじめまして。
> 『人気サイトランキング』と申します。
> ご訪問いただければ幸いです。

早々にお邪魔させていただきます。
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ