FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

人生の回り道とは
自分の歩んできた人生を振り返ると、いろいろな意味で岐路があり、そこで考えて選んだ道も回り道だったのかなと思うことがある。

しかし、人生にはやむにやまれぬことがあり、そうしたくてなったわけでもない。

誰も回り道をしようと思ってやっているわけではなくて、その時にはその選択しかなかったのです。

悩み苦しんだ末、その時に唯一見えた道なのです。

人生はその積み重ねで成り立つのであり、その道は決して無駄にはならない。


幾度も回り道をした挙げ句に思うことは、回り道なんてないんだということ。

自分にとっては真っ直ぐだったんだと言うことです。

右足を一歩進めて、左足を上げた時にどういう状況にあるのかということを考えたら、左足を下ろす場所というのは、自ずと決まってくる。

それを上から客観的に眺め、曲がっているよと冷たく指摘することはできるが、それ自体意味のあるものとは思えない。


孔子の人生観は、而立(じりつ) 、不惑(ふわく) 、知命(ちめい)という一本道だった。

孔子は30歳で政治思想をいろいろな若者に教えていくということから始め、40歳で惑わなかった。

そして、50歳にしてそれが自分の天命だと悟る。

あらかじめ決めた目標の遂行を重視するその考え方からすると、確かに多くの人は回り道をしてきているように見える。

しかし老荘は、行動原理のなかで「やむを得ず」起きたことは回り道とはいわないと説いている。

やむを得ずしたことのみが至れり、素晴らしいことだと。

逆に、やむを得ずでないことは皆人為と見なすと。



マンガ 老荘の思想 (講談社プラスアルファ文庫)
マンガ 老荘の思想 (講談社プラスアルファ文庫)蔡 志忠 野末 陳平

講談社 1994-09-14
売り上げランキング : 58304


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

確かに人生、順風満帆な道など
どんな人の人生にも用意されてはいませんね(^^ゞ
きっと人生は、修業の場として予め位置づけられているからなのでしょう。
しかしそれは、見えないものに操作されているのではなく、
自分の行った事に対して、結果が後から付いてきているだけという
極めてシンプルな出来事の繰り返しの中で生きているだけだと思います。
曲がった道を選んでしまうのも、自己責任。けれど、きっとその曲がった道を
通り抜ける事が、結果的にその人のランクアップの為に用意された道であり
試練を授けてくれる事は有難い事でもありますね。
その試練を受けて再び軌道修正出来た時がひとつのステップアップなのでしょう。
どんなに曲がっても捻っても、また真っ直ぐな大通りに戻って来ることが出来たのなら
その人の人生は実り多いものであると思います。
肝心なのはいかにその遠回りした
経験が自分という人間の骨格を作り上げていく原動力することが出来るかにかかってくると思います。

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 確かに人生、順風満帆な道など
> どんな人の人生にも用意されてはいませんね(^^ゞ
> きっと人生は、修業の場として予め位置づけられているからなのでしょう。
> しかしそれは、見えないものに操作されているのではなく、
> 自分の行った事に対して、結果が後から付いてきているだけという
> 極めてシンプルな出来事の繰り返しの中で生きているだけだと思います。
> 曲がった道を選んでしまうのも、自己責任。けれど、きっとその曲がった道を
> 通り抜ける事が、結果的にその人のランクアップの為に用意された道であり
> 試練を授けてくれる事は有難い事でもありますね。
> その試練を受けて再び軌道修正出来た時がひとつのステップアップなのでしょう。
> どんなに曲がっても捻っても、また真っ直ぐな大通りに戻って来ることが出来たのなら
> その人の人生は実り多いものであると思います。
> 肝心なのはいかにその遠回りした
> 経験が自分という人間の骨格を作り上げていく原動力することが出来るかにかかってくると思います。

仰る通り、我が身に降りかかることは、過去に自分が脊負ってきた不徳が災いとなって現れ、
人にしてきた報いが身に降りかかるといいます。
自分さえよければ、人などどうなろうがかまわないという生き方はいつしか人生が逆転し、
哀れな末路となって人生に現れるようです。

人生には無駄な回り道などないと思います。
無駄と思うのは、その道で一所懸命真剣に立ち向かったという証がないからだと思います。
人生終焉を迎えた時、初めて自分が歩んできた道のりを総括し、無駄な回り道などなかった
といえる人生を日々歩みたいものです。
>
> 応援凸

ではまた、お伺いいたします!!


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自分の歩んできた人生を振り返ると、いろいろな意味で岐路があり、そこで考えて選んだ道も回り道だったのかなと思うことがある。しかし、人生にはやむにやまれぬことがあり、そうし...
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ