FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

尊徳が実践したもの
幼い頃から儒教や仏教、神道など、幅広い学問に親しんだといわれる二宮尊徳。

その尊徳が最終的に辿り着いた答えは「書物だけではダメだ」ということだったようです。


書物の中にいくら立派なことが書かれてあっても、実際の世の中は目の前にいる人々さえも救えていない、と尊徳は判断していたようです。

そうして人々が希望を失っている時代に、尊徳はいわば希望の種まきをしていた。

彼のその種まきは、知識や思想によって、人々を説いていったわけではなく、ひたすら語って行くのみで、自分の思想を衆人に向かって話したことは一度もなかったという。

高尚な話をしても農民たちが理解することは難しく、ごく身近な例え話を用いて人々に希望を語り続けている。


尊徳はある時、こんな話をしている。

「私の教えは神道、儒教、仏教などの教えの中から大切な部分を取り出し、よく練って一粒の丸薬にしたものだ」と。

つまり、書物で学ぶことは必要だが、その学んでものを自分なりによく掻き混ぜて一つのものにすることが大切だと。

そして最も大切なことは、日常生活そのものであり、尊徳は常々、日常生活から学ぶことだと説いている。

日常生活の中に答えは全てあり、とにかくよく見なさい、よく観察をしなさい、と村人や弟子に話している。


尊徳が書物を否定したのは、書物には実践がないからだという。

いくら知識を得ても、実践が伴わなければ何の意味もない。

「書物の一行一句は氷のようなものである。大切なものには違いないが、それ自体は人や作物を潤すことにはならない」と諭している。


その氷となっている一行一句は、人の体温によって溶かさなければならない。

尊徳にとってその体温とは、優しさや温かさのことではなく、実践、実行のことだという。

この実践、実行は、勤労、勤勉とも言い換えられ、人間がどう生きるべきかを、生涯にわたり諭し続けた尊徳の人生そのものだったようです。


頭の中で得た知識などで、世の中を良くしようなどと考えている政治家ほど魅力のない人間はいない。

報徳の教えを説き、600にも及ぶ農村を復興させた二宮尊徳の教えを活かす政治家が出ることを、待望している人も多いのではないだろうか。



世界に誇る日本の道徳力―心に響く二宮尊徳90の名言
世界に誇る日本の道徳力―心に響く二宮尊徳90の名言石川 佐智子

コスモトゥーワン 2006-10-31
売り上げランキング : 44756


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 文明・文化&思想
ジャンル : 学問・文化・芸術

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
おはようございます!

難しい言葉ばかりを羅列して、いかにも自分は出来るんだぞと言わんばかりの
態度を示す方がいらっしゃいます。息子が通う大学の授業でも
そういう話し方をわざと学生に教えこむ授業があると聞きました。
そうすることによって、常に自分が相手よりも優位に立つことが出来、
ある種の威嚇行為になるからだという理由だそうですが、
わざと普段余り使わないような言葉を織り交ぜて、相手に話をされる方というのは、
戦略的にその方法が身についてしまっている気がしてなりません。
本来、相手の事を思いながら会話される方は、それこそ、小さな子どもも
理解出来るように自分の中で一度咀嚼し、なるべく簡単な言葉に置き換えて
から、口から出すものですし、徳の高い人ほど、その傾向が強いと思いますね。
自分を美化する為、飾り立てる為、ひいては身を守る為だけに発せられる
カッコの良い言葉では、相手の心を開く事は出来ないようですね。

応援凸
Re: No title
ぴーちさん、こんばんは ♪

いつもコメント有難うございます。

> おはようございます!
>
> 難しい言葉ばかりを羅列して、いかにも自分は出来るんだぞと言わんばかりの
> 態度を示す方がいらっしゃいます。息子が通う大学の授業でも
> そういう話し方をわざと学生に教えこむ授業があると聞きました。
> そうすることによって、常に自分が相手よりも優位に立つことが出来、
> ある種の威嚇行為になるからだという理由だそうですが、
> わざと普段余り使わないような言葉を織り交ぜて、相手に話をされる方というのは、
> 戦略的にその方法が身についてしまっている気がしてなりません。
> 本来、相手の事を思いながら会話される方は、それこそ、小さな子どもも
> 理解出来るように自分の中で一度咀嚼し、なるべく簡単な言葉に置き換えて
> から、口から出すものですし、徳の高い人ほど、その傾向が強いと思いますね。
> 自分を美化する為、飾り立てる為、ひいては身を守る為だけに発せられる
> カッコの良い言葉では、相手の心を開く事は出来ないようですね。

世の中勘違いしている方が多くいるように思います。
自分の置かれた立場や地位に甘んじ、さも俺は偉いんだと言わんばかりの話し方。
言葉の中に英単語を交え、俺は知識があるんだと言わんばかりの人。
人の話には耳を傾けず、一方的に話しまくる常識を逸脱した人。
どれもこれも自己満足だけで生きている人だと思いますね!

どうも、あるポストに就くと、自分は人より上だと大きな勘違いをし
威圧的な態度をとる勘違い人間がいます。
これ、どうにもなりませんね!
一般常識の欠落した大人が多くなり、次の世代の人もこういう大人を見て
育つので、トップ自ら襟を正すことが重要だと、誰かに言ってやりたいです。
>
> 応援凸


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幼い頃から儒教や仏教、神道など、幅広い学問に親しんだといわれる二宮尊徳。その尊徳が最終的に辿り着いた答えは「書物だけではダメだ」ということだったようです。書物の中にいく...
ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ