FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

武士道
新渡戸稲造という名前は、誰もが一度は聞いたことがあり五千円札の肖像としても知られていますが、彼は農学者で、内村鑑三と並ぶクリスチャンの教育者でした。

その新渡戸稲造が「武士道」を著したのは明治31年のことだった。

海外で多くの読者を獲得し、欧米の道徳の根幹をなすキリスト教倫理に対して、日本における道徳教育が武士道によって形成されていることを示し、世界に日本文化の精神を知らしめることが月的で、同書は決して国粋主義的なものでなく、日本人のアイデンティティを伝えるものであった。


武士道の精神は、儒教の中の「仁」「義」「礼」「智」「信」を中心にできている。

「仁」とは思いやりや優しさのことだが、正義に基づいた厳しい慈悲でなければならない。

「義」とは正義のこと、「礼」とは行動の美学としての礼儀の正しさで、その本質は他人に対する尊敬の念や思いやりを目に見える形で表したもの。

「知」とは正しい判断刀のことで、ただ単に知るという意味での「知」とは区別される。

最後に、「信」とは嘘をつかず、約束を守るという意味。


これら五常は互いに補い合い、高め合うことで相乗効果をもたらすのです。

この武士道の精神は、日本人のDNAそのもので、日本人の謙虚さや華道や茶道による伝統的日本文化は世界からも受け入れられ、とりわけ、物事を真摯に受け止め、正直で公平、そして一生懸命に取り組むところが諸外国からも高い評価を得てきた。

ところが、急激な経済発展によって豊かな生活を享受できるようになった一方で、武士道というDNAを忘れてしまったようです。

昔の教育には修身や道徳といった科目があり、偉人の伝記などを読み、人としての道、人の心を会得した時代もあったと聞く。


今の時代、二転三転する日本の教育は方向性も定まらず、どこにいこうとしているのか。

そもそも教育とは自分を律することにあり、「あるべき姿を達成するために努力する」という姿勢を教えることにあった。

今、日本人はその原点に立ち返る必要があり、国際社会の中で改めて評価される国になるためには、弛まぬ努力を積み重ねることで武士道の精神を養っていくことが肝要なのだと思う。

日常生活の中で「仁」「義」「礼」「智」「信」を意識しながら、一人ひとりが社会の一員として尊敬される、そんな世の中を実現したいものです。


拙いブログの記事に半年間お付き合いいただき有難うございました。

2011年も皆様にとって、よい1年となりますように願っています。



武士道 (講談社バイリンガル・ブックス)
武士道 (講談社バイリンガル・ブックス)新渡戸 稲造 須知 徳平

講談社インターナショナル 1998-06-10
売り上げランキング : 78867


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日も一日 笑って笑顔でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 歴史上の人物
ジャンル : 学問・文化・芸術

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ