FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

ファインダーからの平和
戦地や紛争地域で人々を撮り続けるフォトグラファー高橋邦典(たかはし・くにのり)さんにスポットをあててお伝えします。


2003年7月、彼は報道カメラマンとして、この地で14年にもわたり断続的に続いてきた内戦を取材する目的で、アフリカ大陸の西端、リベリアの地に立っていた。

当時リベリアでは、政府軍とそれに敵対する反乱軍の間での戦いが激しさを増してした。


戦いの前線に近い住宅地では、ヒュンヒュンと空気を切り割く音とともに銃弾が頭の上を飛んでいき、学校や教会は親や家族を失った多くの子どもたちであふれ返り、その日の食べ物にもありつけない状況が続いていた。

しかし、そんな中でも容赦なく砲弾が降り注ぎ、こんなにも多くの子どもたちが目の前で攻撃を受け、殺されていく姿を見たことはなかった。


戦況とともに多くの子どもたちを撮影する中で、ムスという少女に出会う。

小さな身体の彼女は、両脇を抱えられ、ちぎれた右手を木の板に乗せて病院に運ばれる途中だった。


一発の砲弾が家を直撃し、爆裂した破片がムスの右手を引き裂いたのです。

ショックのため、かっと見ひらかれたムスの大きな瞳を見て、頭をがんと打たれたような衝撃が走る。

考えるより先に身体が動き、すぐさま車に乗せて病院まで搬送した。

これまで好奇心や自己満足で撮影し、写真を撮るよりも先に人を助けたことなどなかった。



高橋さんがカメラマンになったのは、一冊の本との出合いがきっかけでした。

大学を中退し、本当にやりたいことを探し求めていた時、ふと青木冨貴子の『ライカでグッドバイ』を手にする。

「カメラマン沢田教一が撃たれた日」というサブタイトルがついたこの本は、日本人で二人目となるピューリッツァー賞を受賞した写真家・沢田教一氏の人生が描かれている。


カンボジアで戦死するまで写真を撮り続けた氏の情熱的な生き方に感動し、「自分もこのような生き方がしたい」と思い、独学で写真の勉強を始めるのです。


そして、もっと本格的に写真を学びたいと思い、ボストンの写真専門学校に留学。


卒業後、1992年に南アフリカのアパルトヘイト廃絶活動を行う使節団に同行し、その後アメリカのAP通信社で報道カメラマンとして働き始めます。


ライカでグッドバイ―カメラマン沢田教一が撃たれた日 (文春文庫 (375‐1))
ライカでグッドバイ―カメラマン沢田教一が撃たれた日 (文春文庫 (375‐1))青木 富貴子

文藝春秋 1985-03
売り上げランキング : 228096


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



スポンサーサイト



テーマ : 写真
ジャンル : 学問・文化・芸術

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ