FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

いま甦るこだま ES2
いまでこそ広く知られている金子みすゞという名は、世間から長い問忘れ去られていた。

亡くなってから50余年の長い年月埋もれていたみすゞの作品は、児童文学者の矢崎節夫の執念ともいえる熱意により再び世に送り出される。


矢崎節夫はある日、通学時に読みふけっていた『日本童謡集』の中に、有名な詩人に紛れて、聞いたことのない童謡詩人の名前が目に留まる。

読んだ瞬間、他の約300篇余りの詩が一瞬にして頭から消え去るかのような、それまで味わったことのない衝撃を受ける。

朝焼け小焼けだ
大漁だ
大羽鯛の
大漁だ。

浜は祭りの
ようだけど
海のなかでは
何万の
鰯のとむらい
するだろう。


浜の喜びの一方で、目に見えない海の悲しみがあり、この詩が矢崎節夫の眼差しをいっぺんに変えてしまう。

世の中は常に二つに一つだというメッセージが、この「大漁」という、わずか10行の詩の中に、明確に収められていると感じた矢崎節夫は、この詩人の作品をもっと読みたいと思い始める。

しかし、どこを探しても見つからず、30篇の詩と出合うのに4年の歳月がかかっている。

そしてみすゞが遺した3冊の手帳に巡りあうのに、初めての出会いから16年の歳月を要した。

そこに収められてある詩は短い創作期間の中で書かれ、遺した詩の数は実に512篇にも及んでいた。


これは自分だけのものにしてはいけない、との思いで、矢崎節夫はすぐに全集の出版を思い描いた。

大手の出版社に次々と掛け合うも、売れないものは出せないと、ほとんど相手にされなかった。

中には、何篇かを選んでみてはどうかという話もあったが、一人の人間がその一生をかけて残した512篇の中には一篇たりとも無用なものはないと固く信じていた矢崎節夫の思いは微塵も揺らがなかった。

自費での出版しか道がないかと思い至った時、ジュラ出版局という小さな出版社と出合う。

当時の編集長が「活字にすれば50年残る」と、詩に込められた価値をみごとに見抜いたことで、金子みすゞの道が開けるのです。


それから四半世紀を経て、金子みすゞの詩は世界10か国に訳されて親しまれるようになっている。

中国四川省で起きた大地震の後、孤児となった子どもたちの心のケアとして使われたのはみすゞの詩だという。

前のローマ法王もみすゞの詩にふれ、涙をこぼした。


なぜこれほどまでに、みすゞの詩は人の心を動かすのだろうか。

みすゞが書く詩には嫌な言葉がひとつもなく、深い優しさと明るさが滲み出ている。

彼女は誰よりも言葉の力をよく知り、書き手の最大の読者は自分ということを悟り、ゆえに苦しい時ほど、自分が嬉しくなることを書き綴ろうとしたのだろう。


金子みすゞは生きる上で一番大切なことを書き残すためにこの世に存在し、そのメッセージを伝えるべく甦っている。

童謡詩人として人生を貫きとおした金子みすゞの詩は、この震災で再び天から与えられた使命のように輝き始めている。



わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集
わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集金子 みすゞ 矢崎 節夫

JULA出版局 1984-08
売り上げランキング : 150


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



一日も早い、復旧と復興を心より願っています。

今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

絶対不変の真理
目まぐるしい時代の変化や、予期せぬことで世の中の状況があっという間に変わっていく。

昨日まで、何も考えず何不自由なく過ごせた時間が、当たり前だと思っていた。

その考えが根底から崩れ去り、昔に戻ったと自覚させる時間の流れが、新しい当たり前を作ろうとしている。

その中で永久に変わらない絶対不変の真理が厳然(げんぜん)としてある。


 第一は、「人は必ず死ぬ」ということである。
この世に生まれて滅(ほろ)びない者はいない。

いまここにいる人で、50年後に生きている人はいるだろうが、100後も生きている人はおそらくいない。

 第二は、「自分の人生は自分しか生きられない」ということである。
幼子が病気で苦しんでいても、親は自分が代わってやりたいと思うのだが、代わることはできない。

その人の人生はその人以外には生きることができないからです。

 第三は、「人生は一回限りである」ということ。
人生にリハーサルなどはありえず、また、再演することもできない。

  そして最後、第四は、
この悠久(ゆうきゅう)の宇宙において自分という存在はたった一人しかいない、ということである。

過去にも未来にも自分と同じ人間は生まれていないし、これからも生まれてくることはない。


自分は広大無辺の時空の中で、たった一つの、たった一回しかない命を生きている存在なのです。

これは地球上に人類が誕生して以来の不変の真理であり、この事実を真摯に受け止める時、私たちは図らずして、奇跡のような命を、いま生きているのであり、この生かされている命を豊かなものにしなければならない。

このかけがえのない命をどう生きるか、そしてこれから何をすべきかは、古来、幾多の聖賢がその道標(みちしるべ)を私たちに示してくれているようにも思う。


二宮尊徳は、人道で努めるべきことは「己に克(か)つ教えだ。己とは私欲のことだ」といっている。

また、
「朝夕に善を思っていても、その善事を実行しなければ善人とはいえない。昼となく夜となく悪を思っていても、悪事をしなければ悪人とはいえないのと同じことだ。だから人は悟道治心(ごとうちしん)の修行などに時間を費やすよりは、小さい善事でも身に行うのが尊いのだ」教えている。

自分にできる善事を一つひとつ始める事が、実りある人生の第一歩であり、世の中に貢献することなのだと思う。



相田みつをの詩に『憂い』という代表作があります。

活字として発表し、詩になるまでに数年かかり、書として納得がいく作品になるまで10年の歳月を要している

この詩に読む度、こういう生き方が大事なのだと改めて気付かされ、自分の生き方の自戒を促されている。



 『憂い』  相田みつを
むかしの人の詩にありました
君看(み)よ双眼のいろ
語らざれば憂い無きに似たり

憂いがないのではありません
悲しみがないのでもありません
語らないだけなんです

語れないほどふかい憂いだからです
語れないほど重い悲しみだからです

人にいくら説明したって
全くわかってもらえないから
語ることをやめて
じっとこらえているんです

文字にもことばにも
到底表わせない
ふかい憂いを
おもいかなしみを
こころの底ふかく
ずっしりしずめて

じっと黙っているから
まなこが澄んでくるのです

澄んだ眼の底にある
ふかい憂いのわかる人間になろう
重いかなしみの見える眼を持とう

君看よ双眼のいろ
語らざれば憂い無きに似たり
語らざれば憂い
無きに似たり


彼岸が明けました。まだまだ計画停電や余震が続いていますが、少しずつ前に進みながら被災された方々の応援をしていきたいとの思いで、今日から通常のブログに戻しました。

コメント回りを休んでいたブログに、いつも温かい応援をしていただき、ブログの友人には感謝の気持ちで一杯です。有難うございました。これからも人生と生き方を書き綴ってていきますので宜しくお願い致します。


にんげんだもの 逢 (角川文庫)
にんげんだもの 逢 (角川文庫)相田 みつを

角川書店 2000-06
売り上げランキング : 6522


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

心からのメッセージ
  『何かをしよう』

何かをしよう
みんなの人のためになる
何かをしよう
よく考えたら自分の体に合った
何かがある筈だ
弱い人には弱いなりに
老いた人には老いた人なりに
何かがある筈だ
生かされて生きているご恩返しに
小さいことでもいい
自分にできるものをさがして
何かをしよう


日本の仏教詩人である坂村真民(さかむら・しんみん)の詩をふと思い出した。

彼は、1909年(明治42年)1月6日熊本県荒尾市に生まれ、玉名市で育ち、本名昂(たかし)といい、2006年(平成18年)12月11日、97歳で永眠している。


小学校校長の父と同じく教師の母を持ち、何不自由なくというより、むしろ裕福な家庭の幸せな5人兄弟の長男であった真民は、8歳の時に突然父親を亡くします。

父親の急逝によりどん底の生活に落ちるも、5人兄弟の長男として36歳の母親を助け、幾多の困難と立ち向かっていく。

一家の生活は一変し、5人の幼子を育てるために母は懸命に働き、その姿と常に口ずさんでいた言葉「念ずれば花ひらく」が心に焼きつき、彼の生涯を貫く言葉となった。

父の死に目に会えなかった真民に、母は父の喉仏を与え、きょうから毎朝水をあげるように命じる。

それから真民の早起きが始まる。

毎朝1時に起床、誰も起き出さないうちに共同井戸の水を汲みに行き、父の喉仏にあげ、重信川(しげのぶがわ)で未明の中祈りをささげるのが日課になった。

その日課は真民の生涯の行となる。


月刊詩誌「詩国」を昭和37年創刊、以後1回も休むことなく毎月発刊、1200部を無償で配布していた。

彼の作品の根底に流れているものは、命あるものへの惜しみない愛と感謝であり、人を包み込むようなあたたかさが彼の詩や文章にはある。

それは彼自身が本物の人であり、どん底を見てきた人は、人間に対する眼差しに慈愛があり、人の痛みを自身の痛みに置き換える感性が宿っているからなのだろう。

だから現代の社会に疲れた人たちは、救いとともに希望を見出すのかもしれない。

「自分を作るために詩を書く」「そして人びとの心に光を灯す」真民の人生はこの一語に尽きる。


  『自分の花』

小さい花でいいのだ
人にほめられるような大きな美しい花ではなく
だれからも足をとめて見られなくてもいい
本当の自分自身の花を咲かせたらいいのだ
それを神さま仏さまに見てもらえばいいのだ

自らの指針とした心の叫びは、そのまま、現代の人びとに託したメッセージでもあると思うのです。



花ひらく 心ひらく 道ひらく (講談社プラスアルファ新書)
花ひらく 心ひらく 道ひらく (講談社プラスアルファ新書)坂村 真民

講談社 2001-05-21
売り上げランキング : 98598


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



今日も一日 ありがとうと感謝の心でお過ごしください。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ