FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

自らの行い
最近の企業には、組織を引っ張っていけるだけの技量をもった人が少ない。

年功序列という階段を上ってきたことで、自分が望むこともなく役職になったことが大きな要因の一つなのであろう。

リーダーにふさわしくない人物とは、言葉の軽さや行動の軽薄さもさることながら、間違った役職の特権とやらで仕事を差別化する人である。


「俺がやる仕事ではない」「俺の役職でやるようなことではない」などと平気で口をついて出るようでは、資質以前の人間性の問題でもある

100人にも満たない企業の日常の雑務に、管理職だの社員だのという区分けをすること自体意味がない。

気がついた人がやるのが当たり前。

この当たり前のことすら分かっていないほど、リーダー教育もされていない企業がある


人を束ねて組織を動かすということは、自らその責務を全うするにふさわしい資質を身につけなければ、誰一人上に立つ者の言葉に耳を傾けることはない。

いくら言葉巧みに指示や命令を下しても、人は必ずこちらの思惑通りに動くことはない。

リーダーにおいて言葉以上に大事なものは何か?


その身正しければ令せずして行わる。

その身正しからざれば令すといえども従わず
                           ―『論語』より―

自分の行いが正しければ命令しなくても行われるが、自分が正しくなければ命令しても行われることはない、という意味。

人を動かすには、自らがまず正しい行動を実践することが大事なのである。

俺の仕事でなはない、などと言っているようではリーダー失格であり、その組織の未来も開けることはない。


組織の決め事が文書で示されていても、それが実行されていないようでは、社員はいるがそれはただの烏合(うごう)の衆の集まりと同じ。

しかしそれは、管理者自らが播いた種である。

即ち、自ら行っていないからである。


社員同士の挨拶もなく、見ぬふりをしたり、横を向いて通り過ぎるような企業に、どんな立派な規定があろうと守られることなどない。


何事においてもリーダー自らが行動の範として示さなければ、陳腐化した企業の体質は変わることがないと、本日のクライアント先の研修で痛感しました。




誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


スポンサーサイト



テーマ : 仕事の現場
ジャンル : ビジネス

リーダーの資質
企業や組織は、日々活性化するよう仕向けていかなければ衰退をする。

その一つに、組織のリーダーたる人物の資質を上げることができる。

大局を見ず、日々の物事に翻弄されているようでは、リーダーの資質とは言えない。


それでも、きちんと日々の仕事を片づけられているうちはまだよいが、仕事が溜まり物や頭の整理整頓も出来ないようになればリーダー失格である。

組織が膠着(こうちゃく)する原因は、一にも二にもこのリーダーの力量次第ということになる。


現場を抱える企業のリーダーは、現場を経験しなければ勤まらないというが、現場一筋でもその能力には限界がある。

人の上に立つ者は、学び続ける姿勢があり、部下に一目置かれ、立場を超えたカリスマ性がなければならない。

部下と同じような物の考えかたや技量では、部下を使うことなど出来るはずもない。


年功序列で、勤続年数を積めばポストが与えられるというような企業に、良い人材など定着するはずもない。

小さなことに囚われ大局を見失う。

過ぎた過去にばかり思いをはせて、現実を深く掘り下げる努力もしない。


「過ぎたことを嘆かず、これから先のことを望まず、今、現在に生きる」ことだと釈迦もいっている。

過去を顧みず、未来を思わず、今のこの一瞬に神経を研ぎ澄まし、部下を率いていける人がリーダーの資質なのです。


問題が起き、厳しい環境になればなるほど部下の立場に立って物事を見ることが大切。

自利他利ではなく他利自利の考えのもと、部下と現状の問題を真剣に考え、情報を提供しながら乗り切ることが求められている。


つまりリーダーたる資質で何よりも大切なことは、困難になればなるほど燃え、夢・志・ロマン・情熱を高め、そして決してマイナスのことを言わないで、前進する資質なのです。

この資質は、学び続ける努力なしに身に着くことはない。

リーダーとは、このことを常に頭の片隅に置き、自覚しながら行動すべき人物なのです。



上に立つ者の心得―『貞観政要』に学ぶ
上に立つ者の心得―『貞観政要』に学ぶ谷沢 永一 渡部 昇一

致知出版社 2008-06
売り上げランキング : 71615


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。


テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

失敗から学ばせること
人生には失敗と言う文字はつきものです。

若いうちはできるだけ失敗をし、いろいろなことを経験することが、次に起こる失敗への対応と予防に繋がる。

ただし失敗をするにも二つの条件が要る。

一つ目は、同じ失敗をしないということ。

二つ目は、失敗をした時には極力自分で解決する努力をしろということである。
                                                   

失敗したことをいつまでも後悔している必要はないが、反省をしてこれを繰り返さないようにしなければならない。                                                                     

仕事で何回も失敗する人の多くはこの反省が浅く、失敗しない様な対策もその場限りの是正に終わっている。

また、仕事で失敗したことを自分で修復しようと努力することは大切であるが、一人ではどうしても手に負えないこともある。

上司に相談することを基本にしている企業は多いが、その上司もまた一過性の対応に終始し、物


いまの企業は、次の世代はバトンタッチする人を育てることが下手なようである。

上司も新人であったころ、教育を受けた上司がそうであったように、そのときの教育遺伝子を受け継いで教育されている。

企業規模が大きくなればなるほど、細かなところに神経がいかなくなり、教育もおろそかになる。


うわべの対処では、失敗した経験を次に生かすことが出来ないどころか、失敗の連鎖になる。

そしていつか取り返しのつかない失敗をする。

若い頃に何の失敗もしないようでは、学習効果が少ないという言い方もできるだろうが、その失敗から受ける精神的ダメージも人を委縮させてしまう。

企業という組織の中で仕事をする以上、その専門を熟知することは大切ことですが、仕事の質は個人の資質に依存し、その資質は一長一短では変えることはできない。

いまの企業を見ていると、個人の資質に衝撃を与え感化させるような上司は少なくなったように思います。



「成功」と「失敗」の法則
「成功」と「失敗」の法則稲盛 和夫

致知出版社 2008-09-24
売り上げランキング : 2387


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

人材の質
民間の企業で働く人は、とかく官公庁や大手企業のやり方に首を傾げたくなることがあります。

皆さんも少なからず経験があると思うのですが、最近電話回線を変更(KD○IからNT○)した時のことです。

回線交換を申し込み、NT○から工事日の日程等を決めたのですが、時間指定が出来ないとのこと。

午前か午後の指定はできても時間単位の指定はできないと。

家に常時誰かいればよいのですが、我が家のように90歳近くになる母が居ても、ネット接続の確認など到底できませんから、結局半休をとって立ち合わなければならなくなりました。

宅急便でさえ配達時間を細かく指定できるのに、同じ民間でありながらどうしてと思いますが、このNT○さん半ばお役所企業ですね!


お役所体質になっていると感じる企業は、私のクライアント先にもいる。

部下から出ている案件をそのままにし、期日を迎える直前にやっと動き出す。

自ら学ぶことを知らない上司は、責任ある案件の結論までも持ち越す。

そんな役職付の人がいる企業は、お役所体質と言われても仕方がない。


顧客目線で物事を考えられない企業は、淘汰され世の中から消えていく運命にある。

もっとも強いものが生き残るのでも、もっとも賢いものが生き残るのでもない。

唯一生き残るのは、変化に対応できたもののみである。


時代はどんどん移ろっていく。

今日の正しいいことが、明日もまた正しいとは限らない。

変化できるものだけが生き残っていく時代、企業における人材の質が今問われている。



松下幸之助発言集ベストセレクション〈第8巻〉強運なくして成功なし (PHP文庫)
松下幸之助発言集ベストセレクション〈第8巻〉強運なくして成功なし (PHP文庫)松下 幸之助

PHP研究所 1996-04
売り上げランキング : 111741


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



明日からお盆の間、記事のアップをお休みさせていただきます。



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

仕事の本質
今頃になってやっと蝉の鳴き声を耳にするようになった。

行きつけの公園でも五月蠅いほど鳴いているが、その鳴き声も最後の力を振り絞って鳴いているように思えてならない。

その鳴き声を追って、蝉の雄姿を撮ろうにもなかなか見つからず、その鳴き声にしばし聞き言っている。


障害を持った人を抱える職場用に作った単純なプログラムも、インストールして1ヶ月が経った。

今まではただのエクセルシートに作業記録を取っていたのですが、同じ作業の繰り返しだと、ついつい前日の内容をコピペして記録にしてしまう。

これでは記録にならないし、作業に対する責任感も希薄になる。


障害を持った人が行う単純な作業も、そこには失敗や良くできた悦びが有り、それを記録に残すことが作業の品質を高めることにも繋がる。

そして失敗や良くできたことを記録することで、その企業や組織の問題点が見えてくると同時に、障害を持った人が社会で働く意義を自覚し、仕事をする意欲にも繋がる。


製造物の品質はもちろん事務や管理などの品質においても失敗は良くない。

記録とは、取らせるという行為に意味を持たせないと、その文字はつまらない文章になり死んだ記録となる。

失敗を繰り返さない為にも、作業記録を残すことは重要で、その意義を障害を持った人にも教える必要はある。


仕事とは与えられるものではなく、自ら探し創造するものです。

人は責任を任せられ、存在を認められた時に力を発揮できるもの。

“やらされている”という行為のみでする仕事ほど、つまらないものはない。

人生の時間は限られている。

今この時を精一杯生きるためにも、“やらされている仕事”が“やっている仕事”になるような環境をつくることが企業の責任でもあり、仕事の本質もここにあるように思うのです。



こころ通わせて―重い障害を持つ我が子とともに23年―
こころ通わせて―重い障害を持つ我が子とともに23年―小塚朝生

イーグレープ 2009-02-16
売り上げランキング : 1258642


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



誰かのために尽くす人生が、あなたの未来を拓いていく。

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ
↑人生の道しるべを探しに、ほかの世界も覗いてみてください。応援も宜しくお願いします。



テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

ライフスタイルランキング
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ブックマーク
MicroAd
Amazon
Ads by Amazon
人生の道しるべ月別アーカイブ
人生のカテゴリーメニュー

Plug-in by
@激安・割安・おすすめ商品@

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon Free
RSSリンクの表示
人生の道しるべプロフィール

ニック

Author:ニック
■ニックネーム:人生の彷徨人
■住まい:神奈川県
■半世紀を過ぎた人生を振り返り、4人の息子に囲まれながら第二の人生を歩んでいます。

記事から探す
人生のヒントとなる言葉を入力して「検索」をクリックしてください。
P R
人生の道しるべ最新記事
人生の大切なリンク友
人生の道しるべ最新コメント
お気に入りのブログ
人生の道しるべ最新トラバ